事業内容

事業内容

本組合は、組合員の協同によるヒト幹細胞実用化に向けた評価基盤技術の開発に関する試験研究その他組合員の技術水準の向上及び実用化を図るための事業を行うことを目的としています。

この目的を達成するために、次の事業を行います。

  • (1) 組合員のためにヒト幹細胞実用化に向けた評価基盤技術の開発に関する試験研究を行うこと。
  • (2) 組合員のために前号の事業の成果を管理すること。
  • (3) 組合員に対する技術指導を行うこと。
  • (4) 試験研究のための施設を組合員に使用させること。
  • (5) 前各号の事業に附帯する事業。

実施内容

細胞製造・加工システム事業では、ES細胞やiPS細胞等のヒト多能性幹細胞とヒト間葉系幹細胞の2種類を対象として、再生医療製品、及びその原料となるヒト幹細胞を製造・加工するための各プロセスを連携させた新たな製造システムの開発を行っています。具体的には、対象となる疾患や適用する術式に対応した再生医療製品及びヒト幹細胞を製造・加工・提供する上で必要となる、採取、拡大培養、分化誘導、加工、評価、保存、輸送、品質管理等の各プロセスの開発を行います。また、各プロセスの正確性や確実性を担保するための工程管理技術として、個別要素技術の自動化装置や培地・基材・容器等の周辺製品を開発します。さらに、これらを最適に組み合わせ連携させた製造システムを構築した上で実際に製造を行い評価します。最終的には、臨床研究等で実際に使用できるレベルの細胞または細胞製品を製造できるようにすることを目指します。
創薬支援基盤事業では、ES細胞やiPS細胞から分化誘導される各種臓器の細胞を応用し、医薬品候補化合物の安全性や薬物動態等の評価システムの基盤技術開発を行い、幹細胞の創薬への活用を加速することを目的とします。具体的には、各種臓器の細胞を立体培養や共培養等の高度培養技術で培養し、チップ等のデバイス上に搭載したシステムを構築し、デバイス上での化合物の評価技術を具現化し、社会実装のための礎の構築を目指します。また、開発プロセスや目標の設定に際して、製薬企業等のユーザーニーズを取り入れることで、事業の実効性・有効性を促進します。

AMEDプロジェクトの概要

AMEDgaiyou_wabun

AMEDプロジェクトの実施体制

taiseizu_wabun

 

研究開発概要細胞製造システム事業

saibouseizoutaitoll500

kenkyuugaiyou_n_wabun
kenkyuugaiyou_k_wabun 
 kenkyuugaiyou_wabun